オコモリ虫

直接会って会話するなどのコミュニケーションを苦手としている。
他の個体と接触することを非常に嫌い、自分でつくった蓑の中に閉じこもっていてめったに出てこない。

無理やり蓑から引っ張り出そうとすると暴れ出す。
この種は、ある一定のところにとどまっている人たちに、集まってくる習性がある。
オコモリ虫に好かれると、悟りを開いたり、秀でた才能が開花したりという例も少なくない。反面、閉鎖的になってしまうため、外に出したりコミュニケーションをとるためには、時間をかけて取り組む必要がある。

―第一世代―